こだわりファッション

ウェア、シューズ、バッグなどのファッションアイテムをご紹介。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
IWC IW371611 ポルトギーゼ クロノグラフ

JUGEMテーマ:腕時計



IWC IW371611 ポルトギーゼ クロノグラフ
IWC IW371611 ポルトギーゼ クロノグラフ

IWCのポルトギーゼの新作です。
IW371611はポルトギーゼのクロノグラフモデルになり、ムーブメントはIWCが自社製造しているキャリバー69000系のものに置き換わり、このムーブメントを眺めて楽しめるようにバックスケルトンに変更されています。
表側のデザインはIWCのロゴが僅かに大きくなったぐらいですが、このムーブの変更により、型番は3716として新たに生まれ変わっています。

IWCは、ドイツ国境に近いシャッフハウゼンの時計メゾンで、スイス時計でありながら、ドイツ時計の特徴に近い技術優先、高性能などの特徴を持つブランドです。
このポルトギーゼはIWCの人気コレクションの1つで、1930年台にポルトガル商人からの依頼に応えて、非常に精度の高いポケットウォッチキャリバーを積んだ大型時計を制作したのが始まり。この頃には時計は小ぶりのものが多く、その流れに逆行しても、精度と機能を追い求めたモデルでした。
ずっとときは下って、1993年。IWC創業125周年を記念して、特別サイズのポルトギーゼを復刻しました。このときには、いわゆる「デカ厚時計」と呼ばれる大きくて分厚い時計がトレンドになっていて、もう5年ほど後になりますがパネライが歴史的な大成功を収めるのにもこの流れが大きな影響を与えています。
ポルトギーゼも大きな成功を収めて、限定生産の復刻版から定番モデルへと昇格して、現在に至ります。

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.