こだわりファッション

ウェア、シューズ、バッグなどのファッションアイテムをご紹介。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ジャガールクルト レベルトクラシックスモール Q2608440 レディースウォッチ

JUGEMテーマ:腕時計



ジャガールクルト  Q2608440  レベルソ・クラシック・スモール(手巻き)
ジャガールクルト  Q2608440  レベルソ・クラシック・スモール(手巻き)

ジャガールクルトは、スイスの時計メゾンで、名門メゾンの1つ。ひじょうに高い技術力で知られたブランドです。1833年にアントワーヌ・ルクルトがスイスのル・サンティエに小さなアトリエを開いたことに始まり、現在までに数百の発明と千種類以上のキャリバーを開発してきました。
ルクルトの工房は19世紀を通して成功を収め、1903年にアントワーヌの孫のジャック・ダヴィット・ルクルトはフランスの時計師エドモンド・ジャガーとのつながり出来て、それ以来ルクルトとエドモンド・ジャガーとの関係は深まっていきます。当時、カルティエは世界初の腕時計コレクションを販売し始めていましたが、その腕時計販売を支えたのがジャガーとルクルトが提供しているムーブメントであったと言われます。
その後ジャガーとルクルトの協力関係は発展し、1937年にジャガールクルトが正式に誕生します。

現在のジャガールクルトはリシュモングループの一員となっていますが、その中心的な存在であるカルティエとの関係をはじめ、多くのメゾンと関わりを持っています。
このレベルソは、ラテン語で「回転する」という意味で、ポロ競技の際に時計の風防(ガラス)に衝撃を受けて破損することを避けるために、ケースが反転して風防を保護する仕組みです。
最初に製作されたのは1931年。
アールデコ調の長方形のケースで、おしゃれな雰囲気に仕上がっています。
現在ではケースの風防保護という意味合いは無くなっていますが、反転してダブルフェイスになっていたり(デュオ)、裏面が鏡面になっていてリップを直せるものがあったり、裏面に好きな画像を彫刻したりと色々な使い方が出来ます。

今回のQ2608440は、極普通のレベルソで裏面はシンプルな仕上げですが、小さくエレガントなケース、針の色に合わせたブルーのストラップなど、上品な仕上げです。
ムーブメントは手巻きで、女性ものとしてはちょっとめずらしいのですが、普段でも使えるドレスウォッチとしておすすめです。


世界の時計市場
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.